• 趣味を副業に 

 
 

 
 
やれるかやれないかじゃねぇ
 
必要なのは”やる”という
覚悟だけだ。
 
決めたら走れ。
 
振り返るな考えるな。
 
JUST DO IT !!

 
 
 
 
今日も見てくれてありがとう!

おやおや?
今日はなんだか抽象的?
いつもだろうが!!って怒られそうだな。
 
 

何時になくマインド論になっちゃうけど
ほんとうに大事だから読んでね。
 
 
これを読んでる人がみんな八百屋の息子だったり
八百屋だったらこんなことは読まなくていいんだけど
だいたいは平民出だよネ。
 
 
この表現が古いんだけどようするに
江戸時代で言う農民だわさ。
 
 
彼らはとても逞しい。
 
 
風が吹こうが雨が降ろうが畑や田んぼに出て
仕事をするわけだ。
 
 
これができるだけでもほんとうに素晴らしい。
 
 
  
 
が、稼げない。
 
 
 
 
金持ちな農民って結局土地持っててそれを
貧困な農民に貸してるような人たちだけだよね。
 
 
豪農とかって呼ばれてでっかい家に住んでる。
 
 
いまでも残ってる農家ってこういう人たちだと思う。
 
 
 
貧農たちは稼ぎ方を知らない。
知らないから稼げない。
ガッツがあるとか気合があるとか関係ない。
 
 
知っているのは
”自分が働くことでその対価として
コメを確保する”という方法だけ
 
 
 
残念だよね。
知ってさえいればね・・・という世界。
 
 
 
 
ではいまの僕たちはどうだろうか?
 
 
 
知ろうと思ったことはたいてい知ることが
できるよね。
 
 
 
でも稼げない(笑)
 
 
 
滑稽なことだと思わない?
 
 
 
このことを考えたときに
ぼくは自分で自分のことをあざ笑ったよ。
 
 
 
 
ぼくたちには切羽詰ったものがない。
 
 
やんなくても死なない。
 
 
貧農は仕事しないと餓死して死ぬ。
 
 
誰も助けてくれないし
哀れだと思うことも一瞬。
 
 
それが当たり前だったから。
 
 
僕達は死ねない。
 
 
だからやらないんだ。
 
 
もしきみの大事な人のこめかみに
誰かが銃口を突き刺していたらどうだろう?
 
 
 
それでもやらないだろうか。
 
 
 
ぼくたちにとっての”誰か”は誰だと思う?
 
 
 
それは”数年後の未来”だよ。
 
 
 
 
今やらなければ数年後お前は死ぬぞと
言っている。
 
 
 
 
ヒトは残念なことに見えない未来に対して
行動することができない。
 
 
 
常に目の前の緊急で重要なことにしか
行動できない。
  
 
 
 
こういうのが普通の人たち。95%の人たち。
 
 
 
 
どうするんだっけ?
 
 
 
成功したいならマジョリティーを
選んではいけない。
 
 
 
つねにマイノリティーであれ!
 
 
 
未来から向けられている銃口を
リアルに想像していま動くヒト。
 
 
 
これがマイノリティー。
 
 
 
余計なことを言ってくるドリームキラー。
 
 
 
そいつらはそのドリームすら持たない。
 
 
 
そんな寂しい奴らに構うことはない。
 
 
 
そのうち目の前から消えていなくなる
人たちだから。
 
 
 
 
ステージが変わればそのステージに
ふさわしい人たちがまわりに現れる。
 
 
 
その人達と関わっていく。
 
 
 
関わっていくことで自分の中の
”あたりまえ”というプログラムが
切り替わる。
 
 
 
”成功プログラム”だ。
 
 
 
このプログラムが起動すると
 
 
 
成功へのカードがドンドン切られてくる。
 
 
 
そのカードを引いては切り引いては切る。
 
 
 
引くことと切ることをヤメてはいけない。
 
 
 
そのうちにまた次のステージに上るための
”役”が揃うときがある。
 
 
 
そのチャンスを逃すな。
 
 
 
そのときに取る行動とは?
 
 
 
 
やれるかやれないかじゃねぇ
 
必要なのは”やる”という
覚悟だけだ。
 
決めたら走れ。
振り返るな考えるな。
 
JUST DO IT !!

 
 
 
んぢゃ!!
 
 
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です