• カメラで稼いで人生を豊かにするブログ

 

  
   
ハイハーイっ!
  
  
徐々に見えてきたかな?
  
  
人ってイメージ出来ないことって
すんごく腰が重く感じるんだよね。
  
  
分かんないからやらない、
新しいことやらない、
大変そうだからやらないとかとか・・・
 
 
要するに今が心地よくて変えたくない、って事なんだよね。
  
  
  
おいおい、満員電車で毎日エスパー伊東が
洗濯機に入るみたいになってて快適かよ?
って話は置いといてだ(笑)
 
 
兎に角やると決めようぜ!
 
 
 
ってゆー前提で出品ページの作りたかを話そうと思う。

お?具体的だなーってね。
 
 
 
要約するとアンチをなくすってことになるんだけど、
アンチが抽象的だよね。
  
  
  
カメラファンの人ってまだ硬い人が多いみたいなんだよ。
  
  
だからチャラチャラとカラフルだったり
ルンルンな音符が散りばめられたりしてると
ウザがられる。
 
 
よって、ページに入ったは良いがすぐに離脱するというわけさ。
  
  
数字でいうとアクセスはあるけどウオッチが入らないわけだ。
  
  
こんな奴からは買わん!みたいな。
 
 
まぁ、たしかにこの手の書きっぷりの人は
あんまりぼくも取引してて良い印象ないね。
 
 
クレームしたらトンズラこく輩ですよ。
 
 
買う側にしたらリスキーな出品者ってことになるよね。
  
  
一時期この手の書き方が流行ったんだけど
少しずつ減ってきてる。淘汰されてきたんだろうね。
 
 
 
じゃあどうするか?
 
 
 
 
それはサラッと書くこと。

は?みたいな?(笑)
  
 
 
要するに当たり障りない書き方だな。
 
 
 
書き方からは何も感じない。無味無臭。
 
 
 
コレです。アマゾンなんかもこんなだね。
 
 
 
ただしこっちは中古だから必要なことを
嘘つかずにしっかり書くこと。
 
 
言葉遣いも丁寧にね。
 
 
 
究極に当たり障りなく、だ
 
 
 
 
色も2色程度にしよう。
 
 
あとは写真だな可能な限り載せた方がいい。
質問が必要ないくらいにね。
 
 
やっぱり目から入ってくる情報しかないわけだから
出品ページって超重要だな。
  
  
  
  
条件や取り決めは簡潔に書く。
  
  
細かくほけんか?くらいに書くと逆に見る方はイヤになる。
 
 
また自分の首締める結果にもなる。
  
  
必要最低限にする。
 
 
それでも読まないやつはゴッソリいて辟易するけどね。
 
 
 
支払ったからすぐ送って〜とかね。
まだカードの審査もおわってねーわ!
って輩も多数。
  
  
  
  
そんなしょーもないのもいるけどね。
 
 
キニシナイキニシナイ。
 
 
 
こんな感じでサラッとしたページに仕上げることで
入り口でサヨナラする人を少なくするわけだ。
 
 
 
 
なんでこんなことするか?
 
 
 
 
パイは大きい方が入札に繋がるから。

パーセントは変わらないんだよ。
 
 
 
だから分母は大きい方がいい、
分子はそれに比例する。
  
  
  
  
気づいてるかわからないけど
商売するなら数字を気にするといいよ。
 
 
それが全てと言っていい。
 
 
あぁー、書いたな
無料でここまで書くやついないな。
うん、いない。
 
 
 
 
ここでネガを潰しておけばあとは商品と価格なのよ。
 
 
 
 
となるといかに仕入れを安くするか?
いかに価値をつけられるか?
っていう世界になってくる。
 
 
 
 
はい、抽象的ですよ。
 
 
 
仕方ない。こっちの世界に来ないと分からんのよ。
だから今まで書いた通りに進めて早くこっちへおいでよ。
 
 
 
 
ぼくがやってきたことはほんとにこの通りだから。
 
 
 
あとはやるかやらないかだ。
 
 
 
と書いたけどそれでもなんとなくのところから
抜け出せないよね。
 
 
 
よし!
 
 
解決策を考えよう!
  
  
もっとわかりやすくするにはどうするか!?
  
  
  
  
次回お楽しみに!!
 
 
 
んぢゃ!
 
 
 
  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です