• カメラで稼いで人生を豊かにするブログ

今日も見てくれてありがとぅー!!
 
 
動き出した人もいるみたいだね。
 
 
早速カメラを物色してて何にしたら良いか
分からなくなるよね。
 
 

 
 
YouTubeみるといろんな人が紹介してると思うから
検索してみるといいかも。
 
 
正直なところはそのどれでも大丈夫。
カメラはね。
 
 
と言うのはカメラ単体ではなく
”外部ストロボ”なるモノを使うからだ。
 

 

  
大きく2タイプに分かれると思ってる。

どちらがいいかは好みにもよるし
性格にもよるかな。
 
 
1つはカメラに接続して使うもの
 
 
もう1つはコードレスで使えるもの
 
 
ぼくは性格的になんでもコードレスがいいと思ってるから
コードレスだよ。
 
 
まず接続タイプはカメラの上にチョコンと載せるのと、
コードで繋ぐのがある。
 
 
 
一般的なタイプだから各メーカーから数多く種類も出てる。
 
 
 
もう1つはスレーブ機能と言うのが付いてるもの。
 
 
 
これはどのカメラでもいいんだけど、
カメラの内蔵ストロボのフラッシュに連動するタイプ。
 
 
 
これは少ない。
知ってる機種は一種類しかなくって
ぼくはそれをずっと使ってる。
 
 
ここだけは初めに揃える時にこだわった。
 
 
 
繋がってたら絶対イヤになって結局コレを
買うことになるだろうと思ったから。
 
 
 
なんて言う機種かだって?
 
 
ふふふ、あとで教えるからね。
 
 
 
そんで肝心なカメラね。
 
 
 
Canonで言うとDの二桁シリーズ以上が
いいでしょう。
  
  
  
Kissシリーズなら最近のがいいね。
 
 

安くて古いと壊れる心配もあるでしょ。
 
 
NikonならこちらもDの二桁、三桁。
 
 
 
D7000と言う人もいるかな。
 
 
 
細かい理由はカメラ屋じゃないんで放っておいて、
好みのにすればいいと思う。
 
 
 
少々お金がかかるけどここはケチっちゃいかん。
 
 
 
かと言って10万もするものは必要ない。
 
 
 
2万から3万の間でよろしいかと。
 
 
 
あーっとっと、レフ板とブース。

当たり前だけどこれらがないと
一眼レフ使う意味ないからね。
 
 
レフ板はAmazonで数千円で買えるよ。
 
 
ブースはチョットお値段するんで、自作でも構わない。
 
 
 
撮りたいものの1番大きなものに合わせるんだな。
 
 
で、その上にレフ板を載せると。
ブースは完成。
 
 
 
こんなところがはじめの一歩かな。
 
 
 
この辺でウダウダしてるとあっという間に
月日が経ってしまうから要注意。
 
 
 
機種をどれにするかよりも
買ってから同撮影するかのほうが
大事なんでサクサク進めよう。
 
 
 
そしてバンバン撮影しまくって
腕を磨こう。

写真はコツを掴んでしまえば
あとは考える必要がなくなるんで
数をこなすしかない。
 
 
撮影するにあたってのカメラとストロボの
設定値なんかも押さえてしまえばあとは
変える必要はない。
 
 
 
ネットビジネス初心者だとこの辺で
結構脱落する。
 
 
 
よくわからないし面倒な気がするでしょ?
 
 
 
これがカメラ転売の参入障壁と呼ばれるやつだ。
 


 

せどりみたいにパッと始められないんだよね。

だから急激にライバルが増えることもないし
入ってきた分降りていくヒトも多いから
飽和しないんだよね。
 
 
さあ、きみはどうする?
 
 
 
わからんことがあったら質問どーぞー!

んぢゃ!!
  
 
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です